酵素ジュース作りでの失敗事例【臭い・ガス】

酵素ジュース作りでの失敗事例【臭い・ガス】

酵素ジュース政策での失敗事例【臭い・ガス】

ダイエットの為に酵素ジュースを飲んで効果を出している人がたくさんいます。それを受けて、効果的にダイエットができるというので酵素ジュースの人気が高まっています。

 

酵素ジュースを市販ではなくて手作りする方の為に、失敗事例を上げてみたいと思います。

 

臭い

酵素ジュースが入っている容器からすっぱい臭いが出ている様であれば成功しています。一方、失敗をしてしまうとアンモニア臭の様なツンと鼻をつく様な嫌な臭いが出てきます。臭いを嗅いで、失敗しているかどうかを臭いで見極めていきましょう。

 

また、ニンニクやネギ等、臭いが強い野菜を入れて作る場合は、やはり野菜独特の臭いがしますので失敗しているのか見極めにくくなりますので注意が必要です。

 

臭いに敏感な人は、はじめは梅で作るのが簡単で、味もシンプルで美味しいです。
少しでも変な臭いがするなと思ったら、その酵素ジュースは失敗だと判断して飲まない様にしましょう。

 

ガス

発酵が進んでいくと容器の中に、どんどんガスが溜まっていきます。ガスが一杯になると容器の蓋を開けた際に、中身の液が飛び出してしまいます。

 

このガスが出ること自体は決して失敗ではありませんが、中身が飛び出してせっかく作った酵素ジュースが無くなったり、容器を落としてしまったりする可能性がありますのでご注意下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ
初めての方へ 酵素ダイエットの基礎 酵素置き換えダイエット 酵素液のダイエット効果 酵素ジュースの作り方