ダイエットと野菜ジュースは酵素活用から

酵素を効果的に摂る食べ方

酵素を効果的に摂るポイント

酵素を効果的に取り入れるポイントは、2つです。

@生のものから食べる Aよく噛む


食事で、生野菜や果物などから食物酵素をたっぷり摂りましょう。

 

食物に豊富に含まれる食物繊維で、腸内環境が改善し、酵素の働きも向上する為、代謝もより活発になります。

 

食事の際は、まず生の食品から先に食べることが重要です。先に摂り入れることで食物酵素が良く働き、その後に食べたものの消化まで助けてくれます。

 

また、現代人は早食いの人が多いようですが、よく噛むことは非常に大切です。唾液中の消化酵素・アミラーゼを大量に分泌し、消化にもひと役かってくれます。

技あり酵素1〜すりおろし

すりおろすと、酵素の働きが数倍に!

 

昔から胃腸が調子が悪いときには、大根やリンゴのすりおろしを食べるといいと言われていますが、これは実に効率的な酵素のとり方。食物をすりおろすと、細胞膜に守られていた酵素が外に出てきて数倍から数十倍に活発し、消化・吸収が良くなります。

すりおろした食材は時間とともに酸化が進むので、

食べる直前におろすのがポイント!

技あり酵素2〜酢漬け

酢は、効能豊かで、しかも酵素活性化パワー満載!!

 

酢の主成分である酢酸は、体内でクエン酸に変化していきます。
クエン酸は血液をサラサラにしたり、活性酸素を除去したりするほか、酵素の働きをよくする作用があります。

野菜や魚介類を使った酢漬けや酢のものは、

先人の知恵が凝縮されています!

料理にしっかり生かしましょう。

  • 黒豆の酢漬け
  • みょうがの酢漬け
  • にんじんの酢漬け など数えきれません。

技あり酵素3〜発酵食品を上手く摂り入れる

発酵食品と生食材で、酵素量アップ!

 

発酵食品には、

  • みそ
  • 納豆
  • 漬け物

などの原材料が持つ酵素の他に、麹菌や乳酸菌などの微生物が作り出す酵素が含まれています。

発酵食品は、酵素である程度分解が進んでいる為、

消化はとてもスムーズな上、腸内環境も整えます。

発酵食品のそれぞれ独特の旨みを生かし、いろいろな生食材と組み合わせれば、手間殆ど加えず、調味料もいらずに、味も、酵素量もアップした完成度の高い1品が出来上がります。

技あり酵素〜番外編

これらの他にも、発芽したばかりの新芽野菜スプラウトは酵素の宝庫です。

 

スプラウトは、新芽ですので、いわば生命力旺盛。
発芽したり、成長するのに必要な酵素が最大限に蓄えられています。
この為、少量でも効率的に酵素をとることが出来ます。

スプラウトは、ビタミンやミネラ等の栄養素も豊富で、

解毒作用もあります。是非、食卓に取り入れましょう!


ホーム RSS購読 サイトマップ
初めての方へ 酵素ダイエットの基礎 酵素置き換えダイエット 酵素液のダイエット効果 酵素ジュースの作り方